月面福知山線の脱線事故シミュレーション

力の単位


 力の単位としてkN(キロニュートン)を使用している。

N(ニュートン)の定義

1Kgの質量の物体に働く時、大きさが1m/s2の加速度を与える力の大きさ。

力の単位としてNを使用すると、計算式が単純になる。
しかしながら、単位としてKgfの方が感覚的に理解しやすい。

換算式

 1kgf = 9.8N
 1tf = 9.8kN

kgの後に(f)をつける。これは、質量の単位(Kg)と力の単位(kgf)を区別するため。
地球の表面では、質量1kgの物体は1Kgfの重力を受ける。

同じ物体を月面に持って行った時、質量は同じだが、重力は小さくなる。

地球の重力加速度 9.8m/s
月の重力加速度 1.622m/s


webが書籍になりました 好評につき27年11月重版9刷!


amazon:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算

楽天:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算







〒673−0036 兵庫県明石市松江62−14
(有)ゴッドフット企画



感想をお聞かせ下さい



JR福知山線 脱線事故シミュレーション

地球上の脱線事故シミュレーション
(Yahoo Japan 掲載)