Excelを用いた放射性物質の海域への放出量計算
福島原発事故シミュレーション

Excelを用いた科学技術計算が書籍になりました 好評につき27年11月重版9刷!

 好評発売中 丸善出版 出版 \2200

amazon:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算

楽天:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算



 図1 放射線物質の海域への放出量


計算方法

 
  排水溝から放出量の直接換算で排水量G(m3/d)と排水中濃度Cから1日あたりの放出量(Q)を

  Q = G・C    ・・・・・ (1)

として、推定する。



Excelを用いた放射線物質の海域への放出量計算




 3月21日〜4月11までの公開データを用いて、海域への放射線物質の放出量の推算する。

排水量A:1〜3号機の原子炉内への注水量と、1〜4号機の使用済みプールへの注水量(東京電力広報部資料より)を合計したもの
排水量B:東京電力がこの間に行った低レベルの汚染水を平均化したもの

単位換算:1m3=1000g、G(ギガ)は109


    図2 放射線物質の海域への放出量計算

 4月4日〜10日の131Iの総放出量は57GBqで、放水量は10000m3と公表されている。
排水量Bの計算は、10000を平均化し計算し、総放出量が93GBqと算出した。
推定式は概算値のオーダーで合っていると思われる。



参考文献1 現代化学 2011年6月号
理論物理計算が示す原発事故の真相


放射性物質の大気への放出量計算





EXCELを用いた科学技術計算

EXCELのソルバーを用いた科学技術計算

EXCELを用いた構造力学(材料力学)計算



〒673−0036 兵庫県明石市松江62−14
(有)ゴッドフット企画



感想をお聞かせ下さい

Copyright (C) GODFOOT 2013. All Rights Reserved.