格納容器の熱収支計算
福島原発事故シミュレーション

Excelを用いた科学技術計算が書籍になりました 好評につき27年11月重版9刷!

 好評発売中  丸善出版 出版 \2200

amazon:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算

楽天:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算


図-1 格納容器の水位の変化


 
 福島第一原発は地震発生当初、冷却機能は稼動していたようである。使用済燃料棒1本あたりの発熱量を4000kcal/Hrと仮定した。格納容器内の燃料をこれの1.5倍(6000kcal/Hr)仮定し、格納容器内の温度変化と蒸発による水位の変化を計算し、公表された水位と比較した。



圧力と沸点の関係


図-2 圧力と沸点温度の関係


 水は1気圧(101.4kPa)のとき、100℃で沸騰し、水蒸気となる。しかし、圧力が上昇すると、図ー2のように、沸点も上昇っする。



熱収支計算の仮定条件


図ー3 熱収支計算の条件

 
 図-3の条件に基づいて、熱収支計算、水位計算をおこなった。







EXCELを用いた科学技術計算

EXCELのソルバーを用いた科学技術計算

EXCELを用いた構造力学(材料力学)計算



〒673−0036 兵庫県明石市松江62−14
(有)ゴッドフット企画



感想をお聞かせ下さい

Copyright (C) GODFOOT 2011. All Rights Reserved.