理科離れの風潮


 うちの子供(中学生)がこんなことを言いました。「連立方程式なんてなーんにも役にたたないな〜。」
そこで、当初は連立方程式の有用性を主張するため、脱線事故シミュレーション、EXCELによる科学技術計算のウェブを作りました。
 そのうちに、事故原因の究明に力が入り、三角関数、微分方程式、3元連立方程式が出現し、中学生には理解できないものになってしまった。

 当今、理科離れの風潮がある。その原因として理科の先生がたが生徒に対し「理科は楽しい、理科は考える力をつける」と主張しますが、「理科や数学は世の中の役に立つ」と言う主張をしていないからと思われる。

 理科、数学は世の中の役に立つものです。

 私は福知山線脱線事故の原因を究明するとともに、力学の有用性を主張するため、このウェブを作成した。(架空の問題ではなく、実際に発生した事故を取り扱うことに価値がある)

 アルキメデスの時代(紀元前200年頃)からつり合いの法則が発見され、普遍の法則となっている。若い時は普遍的なものを身に着けるべきだ。

 ニュース、評論家の意見には、力学の法則を無視したもの、力学の法則に反するものも見られる。これを見抜く能力も必要である。

 力学の法則にくらべ、コンピューターの基本であるOSは10年程度で変化している。

 学生のころ、世の中のほとんどが科学で解明され、未解決の問題は宇宙のはて、極小の世界だけだと思っていた。

学校では解決した事象を勉強し、解ける問題を解いているだけでした。

みじかなところに不明な現象、未解決の問題がいっぱいある。



webが書籍になりました 好評につき27年11月重版9刷!


amazon:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算

楽天:Excelで操る! ここまでできる科学技術計算



 





感想をお聞かせ下さい



EXCELを用いた科学技術計算

EXCELのソルバーを用いた科学技術計算



〒673−0036 兵庫県明石市松江62−14
(有)ゴッドフット企画

Copyright (C) GODFOOT 2007 All Rights Reserved.